Vision Stuttgart 2018にJAI出展。革新的なエリアスキャン・ラインスキャンカメラ新製品を多数お届けします。

JAIは、ドイツのシュツットガルトで開催されるVISION 2018に、産業用エリアスキャンカメラとラインスキャンカメラの新製品を多数出展します。

JAI-Vision-2018-News-article-770px-wide

VISION 2018に出展するJAIの主な新製品(左から)GO-5000MP-USB、Apex AP-3200-USB、Sweep SW-4000TL-PMCL、Sweep+ SW-4000T-10GE

Sweep+シリーズ新製品:10 GigEインタフェースを採用した3センサラインスキャンカメラ
10GBASE-T GigE Visionインタフェースから10 Gbps出力を可能にするプリズム分光式カラーラインスキャンカメラを世界に先駆けて出展します。本カメラ「Sweep+ SW-4000T-10GE」はさらにNBASE-T5 Gbps2.5 Gbps)と1000BASE-T1 Gbps)への下位互換性も確保。4096画素の解像度と100 kHz100,000ライン/秒)を超える最大ラインレートを備え、低速から高速まで幅広い分野の産業用ラインスキャン画像処理用途に対応するように設計されています。

SW-4000T-10GE_BackFront-150-pixel-wide
新製品:JAI Sweep +シリーズ、SW-4000T-10GE
10ギガビットイーサネット対応の3CMOSカラーラインスキャンカメラ


カラー/多波長画像処理を必要とする高速工業用アプリケーションにおけるラインスキャンカメラ技術の正しい選択方法は?最新のホワイトペーパーをぜひご覧ください。

プリズムラインスキャン技術の ホワイトペーパーをダウンロードする

Sweepシリーズ最新モデル:トライリニア式カラーラインスキャンカメラ
Sweepシリーズのモデルラインナップに、高速トライリニア式CMOSカラーラインスキャンカメラ(SW-4000TL-PMCL)が加わりました。非補間24 bit RGB出力における4K4096画素)解像度と最大ラインレート66 kHzを実現。エンコーダとの直接接続やスキャン方向自動検出の他、水平・垂直ビニング、色空間変換機能などを備えています。

SW-4000TL-PMCL-150-pixel-wide
新製品:JAI Sweep シリーズ、SW-4000TL-PMCL
4096画素のCMOSトライリニア式ラインスキャンカメラ。

Goシリーズ新製品:新たに偏光カメラをラインナップ
Goシリーズの新製品、偏光エリアスキャンカメラ「GO-5100MP-USB」も初出展。SonyCMOS偏光イメージセンサIMX250MZRを採用し、510万画素の高解像度と4方位の偏光子を利用した革新的な独自設計を実現。産業用途における解析用画像処理において、プラスチックやガラスなど、反射が多い光沢材料の検査に理想的なカメラです。

GO-5100MP-USB-150-pixel-wide
新製品:JAI GO シリーズ、GO-5100MP-USB エリアスキャンカメラ
最新の4方向偏光子付きCMOSセンサを搭載した偏光カメラ。

Sparkシリーズ新製品:次世代小型筐体を備えた高性能エリアスキャンカメラ
1240万画素、低ノイズ/高性能の産業用エリアスキャンカメラ、Sparkシリーズの新製品も出展します。SonyPregius IMX304 CMOSイメージセンサを採用し、3つのインタフェースオプションにそれぞれカラーモデルとモノクロモデルをご用意。SP-12401-PGEGigE Visionインタフェースを搭載し、9.3 fpsSP-12401-USBは、USB3 Visionインタフェースを搭載し23 fps、そしてCamera LinkインタフェースのSP-12400-PMCLはより高速のイメージセンサIMX253を採用し、64 fpsのフレームレートで出力可能です。またカラーモデルはより高精度な色再現を可能にする5×5デベイヤー色補間を備え、色空間変換や色強調機能など、高度なカラー画像処理機能を搭載しています。

SP-12401-USB-FrontBack45-150-pixels-wide
新製品:JAI Spark シリーズ、SP-12401-USB 12.4メガピクセル
高度なカラーイメージング機能を新たに搭載。

JAIの顕微鏡検査ソリューション:Apexシリーズ3CMOSカメラの新製品群
ブースでは、Apexシリーズの3CMOSプリズム分光式カラーRGBエリアスキャンカメラの新製品(AP-3200T320万画素、AP-1600T160万画素)のデモンストレーションをご覧いただけます。本カメラは、マシンビジョンや医療用画像処理において最も要求の厳しいカラービジョンアプリケーションに対応するために開発され、世界中のハイエンド画像処理で高い評価を得ています。今回、特別仕様のApexモデルラインナップを新たに発表し、その群を抜く色再現性を生命科学分野の顕微鏡用途や工業用顕微鏡向けに利用できるようになります。用途向けに最適化されたモデルはさらに、Media Cybernetics社のImage-ProやオープンソースのμManagerを正式にサポートします。

AP-3200T-PGE-front-back-view-150-pixels-wide
新製品:JAI Apexシリーズ、AP-3200T-USB 3-CMOS
プリズムベースのカラーRGBエリアスキャンカメラ
高い精度が求められるカラー検査用途に柔軟に対応。

AP-3200T-USB-LS-BackFront45-150-pixel-wide
新製品:JAI Apexシリーズ、AP-3200T-USB-LS
3-CMOSプリズムベースのカラーRGBエリアスキャンカメラ用
ライフサイエンスや工業用顕微鏡検査用途に最適なカメラ。


カラー画像処理において、画像品質向上の鍵を握るのは何か?明確な色の判別性やクリアなコントラストはチャネルごとに本来の色情報を得ることで可能になります。プリズム技術を利用することでどのように画質向上が実現できるか、ぜひホワイトペーパーをご一読ください。

プリズム技術のホワイトペーパーをダウンロード

各シリーズの詳細についてはこちらから:
Sparkシリーズ、Goシリーズ、Apexシリーズ、Sweepシリーズ、Sweep+シリーズ

もっと知りたい方は
出展製品について事前にもっと知りたい、また展示会に行かないが興味があるなど、ぜひこちらからお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら



Vision-Logo-see-you775-pixels

 

 

 

 

Topics:

関連記事

12月 20, 2018 | By JAI | 2 min read

JAIより年末のごあいさつを申し上げます (Season's Greetings 2018)

さらに読む
11月 27, 2018 | By JAI | 2 min read

国際画像機器展2018 3CMOSプリズム式エリアスキャンカメラをはじめ、多波長画像検査を1台で行なう多板式ラインスキャンカメラなどのデモを予定

さらに読む
8月 31, 2018 | By JAI | 2 min read

JIMA2018 総合検査機器展に最新のプリズム分光式3CMOSカメラ他出展。一台で多波長画像検査も可能なラインスキャンカメラも。

さらに読む
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×