10 GigE Visionインタフェース採用。3CMOSプリズム分光式カラーラインスキャンカメラの新製品「SW-4000T-10GE」を発売

JAIは、産業用カラーラインスキャンカメラSweep+シリーズの新製品「SW-4000T-10GE」を発表しました。本カメラは、3CMOSセンサ(各4096画素)を搭載し、5GBASE-T、 2.5GBASE-T と1000BASE-Tに下位互換性のある超高速10GBASE-T GigE Visionインタフェースを採用したプリズム分光式カラーラインスキャンカメラです。

3CMOSプリズム分光式カラーラインスキャン技術と10GBASE-T(10Gbit/s)インタフェースを組み合わせた本カメラは、世界に先駆けた製品というだけでなく、市場最速を誇るプリズム分光式カラーラインスキャンカメラでもあります。

3CMOSプリズム設計は、R・G・B各波長帯域を単一の光学面で同時に捉えることで、極めて優れた色再現性を提供します。単一光軸のため、斜めからの撮像や筒状、起伏のある検査対象の撮像に伴う視差の問題(HALO効果)や空間補正、その他一般的なトライリニア方式のカラーラインスキャン技術に起因する問題とは無縁です。


JAI-Sweep-Plus_SW-4000T-10GE_Packshot-72-pdi-400-pixel-wide

プリズム分光式技術の詳細については、ぜひホワイトペーパーを参考にしてください。
プリズムラインスキャン技術の ホワイトペーパーをダウンロードする

本カメラは、チャネル/ラインあたり最大4096画素(4K)を出力。10GBASE-Tインタフェースと組み合わせることで、最大97 kHz(97,000ライン/秒)の高速ラインレートでRGB出力を実現します。YUVカラーデータは最大145 kHzで出力可能。ROI機能を利用することで、さらに高速なラインレートでデータを出力できます。例えば、2112画素に設定した場合、最大183.400ライン/秒の高速出力が可能です。

低速から高速まで、あらゆる速度に互換性を持つ10GigEインタフェース:
インテリジェントなオートネゴシエーション技術により、本カメラは、5GBASE-T, 2.5GBASE-Tや従来の1000BASE-Tに自動的に切り替える互換性を提供。低速なイーサネット規格で動作する装置用途にも対応可能です。複数のイーサネット構成をカバーしている本カメラは、検査方法にカラーラインスキャン技術が適用されている、低速から高速までのあらゆる速度で動作する装置用途に対応できるよう設計されています。

本カメラが特に有効な用途:

Markets-Print-Inspection-print-press-325x200px
高速印刷検査、紙幣検査

Markets-Print-Inspection-3D-bottle-label-print-325x200-pixel-NEW
ボトルや缶などの円筒容器の検査

Markets-Food-Beverage-Olives-production-325x200px
食品の選別(野菜、オリーブ、果物、茶葉など)

Markets-Waste-Management-Recycling2-325x200px

廃棄物の選別(色付きプラスチックやガラスなど)

Markets-Web-Surface-Inspection-steel-industry-325x200px
金属板検査、コインロール検査

Markets-Granules-inspection-325x200px
粒状の物質の検査

ユーザー設定可能なピクセルサイズ、最大限に柔軟性を高める垂直・水平ビニング機能:
本カメラでは、ユーザーが選択可能な2つの画素サイズモードを用意しています。7.5×7.5 µm(Mode A)は、素早い応答性が要求される用途に適しています。一方7.5×10.5 µm(Mode B)は、光量が多い環境や低速のラインレートで動作させる場合に、より高いダイナミックレンジとS/N比を提供します。

本カメラのセンサは、2画素の水平ビニングに対応しているだけでなく、各チャンネルに対して垂直方向(移動方向)に2ラインを与え、1×2、2×1、2×2のビニングをサポートしています。これにより、合計で8つの異なるピクセルサイズの設定が可能となり、柔軟性を最大限に高めます。

Binning-ModeA-ModeB

色空間変換機能をカメラ本体に内蔵:
高度なカラー画像処理システムでは、多くの場合、意図する機能を効率的に実行するために、特定のカラー表現が要求されます。RGB値から別の表現(色空間)に変換する機能が必須となります。

本カメラは、RGB標準形式からsRGB、Adobe RGB、HSI、CIE XYZに変換可能なプログラマブル色空間変換機能を内蔵。加えて、ユーザー設定可能な独自の色変換プログラム(変換テーブルの定義)を使用したカスタムRGB出力にも対応しています。この色空間オプションは、JAIの4Kラインスキャンカメラだけに搭載されている機能です。

JAI-Line-Scan-Camera-Built-in-color-space-conversion-2

PTP(Precision Time Protocol):
PTPは、コンピュータネットワーク全体でクロックを同期させるために使用される通信プロトコルです。本カメラのPTP機能を使用することで、リンクされているすべてのカメラで同時に撮像を実行できます。すべての画像で同期がとられ、タイムスタンプが共有されるため、画像の解析が容易になります。

JAI-Line-Scan-Camera-PTP-Support

カメラとロータリーエンコーダを直接接続:
本カメラは個別に4つの入力ラインと制御アルゴリズムを持っており、ロータリーエンコーダと直接接続することができます。ソフトウェア制御ツールを使って、入力とカメラ-ロータリーエンコーダ間の同期関係を容易に定義できるなど、設置や運用の手間も軽減する機能も搭載しています。

JAI-Line-Scan-Camera-Encoder-Support

その他の機能:
高い信頼性と高画質を誇るJAIのカメラと同様に、ほかにも数多くの機能を搭載しています。

  • アナログおよびデジタルのゲイン調整機能
  • より速いスキャンレートを実現するROI機能
  • 黒レベル補正
  • マニュアル/ワンプッシュ/自動ホワイトバランス調整
  • マルチ色温度プリセット
  • PRNU/DSNU補正
  • シェーディング補正
  • 色収差補正
  • ラインカウンタ/タイムスタンプ/CRC情報を挿入
  • 水平方向の画像をミラーリング
  • さまざまなトリガモード
  • 耐衝撃(50G)、耐振動(10G)という産業用グレードの堅牢性

さらに詳しく知りたいときは…
Sweep+ SW-4000T-10GEカラーラインスキャンカメラのデータシートを用意しております。こちらのページからダウンロードしてください。

3CMOS(R・G・B)および4CMOS(R・G・B・NIR)技術を搭載したその他のJAI Sweep+カラーラインスキャンカメラの詳細については、こちらのページをご覧ください。

プリズムラインスキャン技術の詳細については、ぜひホワイトペーパーを参考にしてください。

プリズムラインスキャン技術の ホワイトペーパーをダウンロードする

  

関連記事

Er zijn geen gerelateerde blogposts

お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×